骨盤のズレにより足の長さが左右違ってきます。

 
それにより、背骨が変形し内臓にも支障をきたします。また、顎関節症などもひきおこす原因にもなります。
胃下垂なども骨盤変位によるものと考えられています。
 
一般的に骨盤矯正をしてもその時だけということをよく患者さんから聞きます。
現に骨盤変位は、股関節のゆるみからくるもので、股関節のゆるみをとらなければ改善することはできません。
 
TMN法では、股関節を締めるので、一般的な骨盤矯正とは全然違ってきます。