腰痛は腰椎、仙骨、尾骨の歪みによってだけ引き起こされるわけではありません。腰の骨以外でも胸椎、頸椎いわいる脊髄、背骨とつながっています。この背骨の歪みを取り除けば痛みはなくなります。それでもなくならない場合は内臓の疾患の可能性があります。

病院や接骨院等で色々言われ、治らずに来院される方が多いです。私からすると誤診されていることがおおいです。

 

〇 ぎっくり腰

ぎっくり腰は最初に起こした時にすぐ来院されればされるほど回復は早いです。1回で回復されている方が多いです。何回もぎっくり腰をされている方はその経過時間や回数によって異なります。

 

〇 慢性の腰痛

慢性の腰痛の場合、以前にぎっくり腰をされている方、あるいは腰を痛められている、猫背、内臓の調子が良くない、ストレスなど色々な原因が考えられます。

病院に行って精密検査を受けても原因が分からないことも多いです。これはすべて背骨の歪みが原因です。

人それぞれ骨の形は違います。よく理科教室などに置かれている骸骨のサンプルがありますが、骸骨の提供者によって形がことなってくるので、本当に正しい姿勢がどうであるかはサンプルを見ても非常に分かりにくいです。ですからその人その人の歪みを取り除くことにより痛みから解放されます。

 

〇 ヘルニア

ヘルニアは一般的に脊椎の間にあるクッションが横にでてしまい、それが神経を刺激し痛みを発生させます。腰椎(腰)だけでなく頸椎(首)胸椎(背中)にも起こります。時間をかけて体操で脊椎を動かして改善することもありますが、早く痛みから解放されたい方は背骨の歪みを取ることが早道です。

 

〇 すべり症

すべり症は、近代医学では証明できないものをそう名付けているようです。検証すると脊椎に一方が潰れている場合に使うことが多いようですが、患者さんは医者に病名を付けられただけで安心する方が多いので、よく分からない場合はこの名前を付けるそうです。

とにかく背骨の歪みを取り除くことにより痛みはなくなります。近代医学、西洋医学がすべてではありません。

 

〇 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症はこれも背骨の歪みが原因です。腰椎と言われる腰の部分に歪みにより背骨を通る神経を刺激して痛みを引き起こします。酷くなると足の前面前側にシビレがくることがほとんどです。これも頸椎(首)、胸椎(背中)などにも起こります。また坐骨神経痛を伴うこともよくあります。

近代医学では手術をすすめますが、手術、手術後のリハビリ、入院などのリスクを考えると簡単には勧められません。

深層筋を緩めて背骨を矯正すればそれらのリスクを取らずに痛みから解放されます。

 

〇 坐骨神経痛

坐骨神経痛は医者が脊柱管狭窄症と誤診されることが多いです。坐骨神経痛は一般にお尻の部分が痛くなり、悪くなると足の後ろ側にシビレがあるのがほとんどです。これは手術しても治りません。一般的に悪化すると脊柱管狭窄症と併用して症状が出ることが多いです。「足の前面のシビレはなくなりますが、後ろ側のシビレは分かりません。」とこたえる医師が多いと思います。

これは仙骨(分かりやすく言うとお尻の真ん中にあるお皿上の大きな骨)の歪みを取り除かなければなりません。これを矯正し神経を繋げていけば痛みは消えます。

女性だと生理痛など子宮の問題。男性だと精力減退にも繋がる重要な骨です。

 

〇梨状筋症候群

この症状は近代医学では解決できないようです。一般に腰痛といえども痛む部位によって違ってきます。私も経験がありますが、腰と仙骨あるいは尾骨、胸骨と痛みは場所によって違います。痛みはとにかく脊椎、つまり背骨、仙骨の歪みから来ます。骨盤よりはまず、脊髄、背骨の歪みにより仙骨が歪み、おしりのところの深層筋である梨状筋に変調を及ぼします。そして小殿筋(これもお尻の部分にある深層筋)にも影響を及ぼすこともあります。とにかく体の奥深くにある筋肉(深層筋)を緩めてバランスをとることで問題を解決していきます。深層筋は一般にマッサージをしても手が届かないので施術することは困難ですが、豊崎流気療法だと深層筋を緩めることが出来ます。

 

〇その他腰痛

人間の腰痛は二足歩行することにより始まったと言われています。

腰痛が発症してから時間がたてばたつほど回復には時間がかかります。なるべく早く豊崎流気療法を受けられることをお勧めします。とにかく「どこへ行っても治らない」と言われ地方、海外から来院されます。人間の身体は本当に不思議なもので、医学書には載っていない微細な神経経路が体をめぐっています。その神経を繋げることが出来るのは私だけでしょう。

「何処へいても治らない」と痛みを我慢して諦めて苦しんでいる方、手術しても良くならない方とにかく一度ご相談ください。痛みから解放された世界が待っています。